外国人向け転職就職・採用情報サイト-外国人求人ネットエース

外国人向け転職就職・採用情報サイト-外国人求人ネットエース

面接のポイント

 

①はじめと終わりにしっかり挨拶をする

 面接室に入ったらまず、面接官に向けて「○○と申します。どうぞよろしくお願いいたします。」と元気よく挨拶しましょう。面接が終わる際にも、「本日はお時間をいただき、ありがとうございました」とかならずお礼を言ってから退室します。たとえ面接で大きな失敗をしたとしても、最後の挨拶まできちんと行いましょう。また、着席するときには面接官から「お座りください」と言われてから座ります。面接官が後から入室する場合は、面接官が入室したらすぐ起立します。面接では面接の内容だけではなく挨拶やその他の基本マナーも重要な評価項目だということを忘れてはいけません。

 

② 積極的な姿勢で自信をもって話す

質問にははっきりした口調で積極的に自分の考え方や思っていることを話しましょう。また、話すときは明るい表情で、相手の目を見て話しましょう。面接官が複数いる場合は、基本的には質問された人の目を見て話しましょう。

 

③ 志望動機や自己PRは抽象的な言葉ではなく具体的に話す。

 「将来性や事業内容に大変、興味を持ち応募しました」、「語学力を生かし、日本と母国との架け橋になりたいです」など、抽象的でありきたりの言葉ではなく、会社の商品・サービスのどの点に興味を持ったのか、あるいは自分自身の能力や資質がどのような形で会社に貢献できると思っているのかを具体的に話すようにしましょう。

■質問には簡潔で明確に答える。話したい内容を整理し、答えはなるべく2分以内にまとめる。
■質問内容をよく聞く。
■知らないことを質問されたときは「勉強不足で存じあげておりません」と正直に答える。
■誰にでも分かる言葉を選ぶ。
■気持ちをこめて自分の言葉で話す。

 

④ 面接で失敗しないために

 面接というのは何度経験しても緊張するものです。全く緊張しない人はほとんどいません。緊張した場面で自分自身の能力を十分にPRするためには以下のような対策が必要です。

■自己PRや志望動機など必ず聞かれる質問には明確に答えることができるように準備 しておく。
■面接前にかならず応募会社のホームページを詳しくみておく。
■面接の雰囲気に慣れる。模擬面接などを受けると効果的。
■面接時間に余裕を持って到着するようにする。

 

⑤面接時の基本マナー&挨拶

1. 基本マナー

時間を守る
時間を守ることは社会人として最低限のマナーです。かならず面接時間の5分から10分前には会場に到着しているようにしましょう。電車が少し遅れても間に合うくらいの余裕をもって行動しましょう。

 

挨拶
社会人の基本は挨拶です。明るく爽やかに挨拶することにより、相手から好感が持たれます。
挨拶には以下の3種類があります。実際にやってみましょう。
・会釈:廊下ですれ違うときなど(上体を15度ぐらい傾ける)。
・普通の挨拶:面接室に入るとき、出るときなど(上体を30度ぐらい傾ける)。
・丁寧な挨拶:深い感謝やお詫びの気持ちを表したいとき(上体を40度ぐらい傾ける)。

 

2. 面接時の挨拶とマナー

会社の受付での会話
面接は、会社に着いたときから始まっています。受付では次のように話すとよいでしょう。
「○時の面接で伺いました、○○大学の○○と申します。」
「私、○○と申します。本日○時の面接で伺ったのですが。」

 

面接官が面接室で待っている場合
入るとき:ドアを軽く2回ノックし、入ったら静かにドアを閉めます。
「失礼いたします。○○と申します。よろしくお願いいたします」(礼)

※明るい表情で元気よく挨拶しましょう。
※面接官から席に座るように言われてから着席します。
※集団面接の場合は、入った順番で空席をつくらず、つめて座ります。
※かばんやコートなどは、すすめられない限り自分の足下に静かに置きます。

出るとき:「本日は(貴重なお時間をいただき)ありがとうございました」(礼)

 

面接官が後から入ってくる場合
・面接官が入ってきたら、すぐに立ち上がり挨拶します。
※面接室に通される際、特に席の指定がなければ入り口に近い下座に座ります(個人面接の場合)。
※訪問時は下座に座るのがマナーですが、上座をすすめられたら過度に固辞せず素直に応じましょう。

 

質疑応答のときのマナー
1.面接官の質問には誠実な態度で答える。
2.聞きとりやすい声ではっきりと話す。
3.面接官から視線をそらさない。
4.意地悪な質問をされてもむきにならない。
5.人の話に割り込まない。
6.外来語や四字熟語などを多用しない。
7.面接が終わるまで、姿勢を崩さない。
8.ジェスチャーは程よく。
9.貧乏ゆすりをしたり足を伸ばしたりしない。

 

⑥身だしなみ

だらしない格好や場違いな服装をしていると、社会人としての常識を疑われます。また、面接官からの好印象も得にくいでしょう。
身だしなみの中で特に大切なことは「清潔感」です。スーツにしわや汚れがないか、髪が目にかかっていないか、爪が汚れていないか、口臭がしないか、ネクタイが曲がっていないかなど細かい点までチェックすることが大切です。

 

男性の場合
・スーツはシングルで無地の2つボタンもしくは3つボタンを着用します。色はグレー系か紺系がよいでしょう。
・ワイシャツは白が基本です。アイロンをきちんとかけて、しわがないようにします。形状記憶シャツであってもアイロンをかけたほうがよいでしょう。
・髭を剃ります。髭は夜によく伸びるので、できれば朝、剃るほうがよいでしょう。
・清潔感のある髪型にします。
・ネクタイはしっかり締めます。結び目をあまり大きくしないようにします。
・靴は黒でシンプルなものを履きます。

 

女性の場合
・スーツはシンプルなものを選びます。
・化粧は厚すぎないように注意します。
・指輪やピアスなどのアクセサリー類は控えめにします。
・ブラウスは白が基本です。アイロンをきちんとかけて、しわがないようにします。
・清潔感のある髪型にします。必ず櫛を通します。
・ストッキングは肌色が基本です。派手な色や柄物はさけます。
・靴は黒でシンプルなものを履きます。
※訪問の際にコートは、会社事務所に入る前に脱ぐ。

 

 

外国人求人・採用情報は、こちら

◆転職・就職コンサルティングは、こちら

会員登録は、こちら

 

<お問い合わせ>

株式会社 翼インターナショナル(外国人求人ネットACE)
〒110-0015 東京都台東区東上野5-6-11コーデン上野ビル4F
TEL: 03-3841-7821 FAX:03-3841-7824 E-mail